MENU
あいおい子ども園(北海道)

「子どもたちとの時間を豊かに」
ICT化で保育者に心のゆとり 質の高い保育を追求

学校法人リズム学園 あいおい子ども園 村松良太園長

導入プロダクト
キッズリー(連絡帳、クラスフォト)
ポイント
保護者コミュニケーション、先生同士の情報共有、手書き業務の削減、採用効果

要約

  • 「保護者との連携」は保育園にとって非常に大切な課題
  • 「連絡帳」の機能を活用し、日頃の子どもたちの様子を毎日保護者と共有
  • 職員間での園児の情報共有にも重宝
  • 情報の均一化を実現してくれるのがICTの良いところ

園は子どもたちに様々な経験を提供する場所

ーキッズリーの導入経緯について教えてください。

園は子どもと社会の出会いの場であると考えています。
そのために園自体が地域に開かれた場所でありたいです。

地域にとって開かれた場所であり、同時に子どもたちにとって安全・安心な保育現場であることを両立させるためには、「保護者との連携」は園にとって非常に大切な課題です。
その手助けになると期待し、導入したのが、「キッズリー」でした。
都内であった「キッズリー」の説明会に参加し、実際に操作して使い勝手の良さを確認し導入を決めました。

職員間での園児の情報共有にも重宝

ー普段園ではどのようにキッズリーをお使いいただいていますか?

当園では、主に「連絡帳」の機能を活用し、日頃の子どもたちの様子を毎日保護者と共有しています。
感覚的に操作できるシンプルなデザインのため、保護者にもすぐに慣れていただけました。

家庭と園をつなぐコミュニケーションツールとして活用していますが、実は、職員間での園児の情報共有にも重宝しています。
どの子どもと触れ合う際も、職員全体で常に同じ情報を共有することができます。

「キッズリー」はこの、一見簡単なようで難しい“情報の均一化”を叶えるので、最終的には子どもたちの安心や、保護者からの信頼に結びつくのではないと考えています。
紙媒体の連絡帳とは異なり、どの職員でもいつでも子ども一人ひとりの状況を確認できるということは、保育者や保護者にとって安心材料になるようです。

職員・保護者への導入もスムーズ

ー導入時の保護者への説明はいかがでしたか?

すでに当園では、地元(札幌)のIT企業が独自に開発した登降園管理システムを使用していたり、SlackやTrelloといった他のビジネスツールを取り入れたり、ICTを使った職員の業務負担の軽減は積極的に取り組んでいました。

導入に際しては、すでにさまざまなツールを試し園内のICT化の土壌を作っていたため、ほかの職員からの理解は早かったと思います。
保護者には、ユニファ(株)提供のムービーを使って説明会を開き、大きな混乱もなくスムーズに導入が進みました。

地元の専門学校とコラボしたキッズリーの有効活用方法

ーその他、こんな使い方をしてる、などありましたら教えてください。

連絡帳やお手紙といった紙媒体でのやりとりが減ったことでペーパーレス化が進み、保護者からも好評なのですが、イベントなどでもキッズリーを活用しています。

地元主催のお祭りに園も参加したのですが、その際、地域の学生のボランティアを募集し、夏祭りの間の写真撮影をお願いしました。
その際、「キッズリー」上にタイムリーに写真を公開する、という試みをしたんです。
撮影係を外部にお願いしたために、職員がよりお祭りの運営に集中できたことはもちろん、保護者や、当日お休みしてしまった園児からも「臨場感を味わえた」と高評価でした。
今後も園のイベントなどで「キッズリー」のフォト機能を活用していきたいと思います。

この取り組みを通して、結果的に、園のICT化への取り組みを学生にアピールすることもでき、広報面でもプラスがあったのではと思います。

ルクミーを活用した事例をお聞きになりたい方へ

導入をご検討中の方、自園と同じタイプの園がどのように使っているか気になる方、ぜひご相談ください。
詳しい機能のご説明と共に、事例のご紹介をさせていただきます。
また、ルクミーでは随時オンライン商談会も実施しています。
お気軽にお問い合わせください。

050-1705-6914

受付時間:9:30-18:30 (土・日・祝日を除く)