写真を使った保育の振り返り
保育ドキュメンテーション

はじめよう!

スマートフォンを使って子どもの遊びを邪魔せずに撮影でき、
園内や保護者との共有もかんたんです。

保育ドキュメンテーションとは

「レッジョエミリア」というイタリアのレッジョエミリア市の幼児教育方法からヒントを得た、子どもの様子を記録(写真や動画、音声など)する手法です。

記録をもとに、子どもの視点に立って、子どもの気持ちを考え語り合うことで、保育の振り返りと次の計画に活かしていくことを目的としています。

保育計画のPDCAを回す促進剤や、保育者自身の保育のやりがい実感にもつながり、また、保育を保護者に理解してもらう効果も期待されています。

普段の活動の中で写真を撮る→写真から子供の育ちを読み取る→共有・計画する

今「つながる保育」を
写真×ICTで

特に写真を使ったアプローチが
注目されています

写真の先にはたくさんの笑顔が待っています
普段の子どもたちの記録写真から
先生たちとの語り合いに、子供たちとのふりかえりに、保護者・家族での語り合いに

例えば、写真を使うと
こんな振り返りができます

ユニファ主催 往還型ドキュメンテーション研修参加園

・写真を撮ることが「今この瞬間のこの子の気持ち」に注目する切り口に
・今この子は何を見ているのか?どんなことを感じているのか?を考える
・保育者として、それをどうサポートできるか?を考える

↓

写真を通して今の保育を振り返ることが、子どもの育ちを実感するきっかけになり、保育者のやりがいにつながります。

写真を使った保育ドキュメンテーションに関する先生方のお言葉

白梅学園大学 名誉教授 無藤 隆 先生

白梅学園大学
名誉教授
無藤 隆 先生

1枚の写真が「思い出す」という行為の補助となり、そのシーンの前後を知る保育者がいたり、日頃からの想像を働かせることで、子どもの育ちを読み取ることができます。
保育者は日々忙しいのでなかなか撮る余裕がない、という人もいるかもしれませんが、「撮ろう」と意識することで、見守りや観察がやりやすくなるという面もあるかと思います。
子どもの視線や姿勢から、何に関わろうとしているか、にぜひ注目してみてください。

ユニファ主催 保育をどうしよう未来会議「写真ドキュメンテーションの活用による保育の質の向上」にて

⽟川⼤学 教授 大豆生田 啓友 先生

⽟川⼤学
教授
大豆生田 啓友 先生

保育の質の確保・向上がうまくいっている園の特徴として、子ども主体の保育ができていること、保育者同士に「振り返り」「語り合い」の風潮があること、子どもや保育の様子を保護者に発信し家庭や地域に開かれていること、などがあります。つまり、振り返りや、語り合う風土の形成が保育の質にかかわる、ということです。
写真は雄弁です。写真を使ったドキュメンテーションで、「振り返り」「語り合い」にどんどんチャレンジしていって欲しいと思います。

ユニファ主催 往還型ドキュメンテーション研修第1回講義にて

保育ドキュメンテーションを
はじめるなら

サービスに関するお問い合わせや導入のご相談・ご質問など、
お気軽にご相談ください。

050-1705-3320

受付時間:9:30-18:30 (土・日・祝日を除く)

ルクミー ・キッズリーで
できること

1. 気軽に撮影

写真撮影について、こんなお悩みはありませんか?

・保育中に写真を撮る暇がない
・カメラからパソコンに取り込むのが手間でつい後回しにしてしまう

「ルクミーフォト」「キッズリー」はポケットからサッと取り出して撮影できるスマートフォン撮影

保育ドキュメンテーションの写真は、カメラ目線の「記念写真」ではなく、子どもの目線の先を映す「記録写真」。
大切なポイントは、子どもの遊びを邪魔せずに撮ることです。
「ルクミーフォト」「キッズリー」のスマートフォンでの撮影はドキュメンテーションにピッタリです。

「ルクミーフォト」なら取り込みもかんたん

「ルクミーフォト」は写真撮影・販売に特化したサービスです。専用アプリでクラスを選んで写真を撮影するだけで、パソコンへの取り込みまで自動で完了します。
普段の活動の中で写真を撮る

2. 振り返り・共有

写真の活用方法や共有に関するお悩みに関して、こんなお悩みはありませんか?

・撮った写真をどう活用していいか分からない
・先生同士や保護者へ手軽に共有したい

「ルクミーフォト」なら、園内共有・園内掲示・保護者販売ができます

自動で取り込まれたクラスごとの写真は管理画面に集約されるので、写真を見ながら語り合うことができます。主任や園長も活動を見守ることができます。

園内掲示のための印刷はもちろん無料。
保護者への販売も可能です。

「キッズリー」なら、振り返りコメント付きで保護者へ共有できます

撮影した写真に振り返りのコメントをつけて保護者へ配信することができます。
また、連絡帳への写真添付や、保護者へのおたよりに行事写真を活用することも可能です。
写真から子どもの育ちを読み取る→共有・計画する

3. サービス併用で業務にメリハリ

写真撮影やドキュメンテーションをはじめるにあたってこんな心配はありませんか?

・現場の負担が気になる
・じっくり振り返り&計画へ反映する時間がない

ルクミーの他サービス・オプションとの併用もおすすめ

先生たちは色々な仕事に追われてなかなか時間の余裕がないですよね。
ルクミーにはさまざまなサービスやオプション機能があり、じっくり子どもに向き合う時間や、子どもについて振り返る余裕を作るお手伝いをします。

・午睡チェックツール・ICT連絡帳の併用で休憩時間を確保
・シフト素案作成の時間を削減
・登降園管理機能で、管理・請求書作成の時間を削減
・写真の壁張り販売の手間を削減

ぜひルクミーシリーズをご活用ください。
普段の活動の中で写真を撮る→写真から子供の育ちを読み取る→共有・計画する

まずは出来るところから
チャレンジしましょう!

モデル園(※)様での写真活用の事例

北柏駅前保育園わらび様の事例写真

北柏駅前保育園わらび様

保育者は、行事や遊びの余韻を楽しんでほしいという思いがあり、土曜日の行事の後は月曜日に、保育者は園児と一緒に写真を活用したドキュメンテーションや制作物を掲示しています。
「こっちきてー、この写真みてー」と園児に呼ばれて、遊びの振り返りができることは非常によいですね。
楽しかった経験を、写真を通して伝えたい、写真を見ながらなら伝えられる子どもの気持ちを、大切にしてあげたい。そこで保育者も振り返りの機会が生まれています。

※モデル園とは、「スマート保育園®」の実現に向けて、園における課題の見える化を行い、ルクミーのサービスを活用して(主に業務効率化のアプローチから)、課題解決に取り組んでいただける園のことです。

さらに
研修でのバックアップも

ルクミーでは2020年11月~2021年2月、全4回にわたり「往還型ドキュメンテーション研修」を実施しました。
写真からの読み取り~他の人との共有、をワークショップ形式で行い、1つの園から複数の先生がご参加いただくなど、園内研修のきっかけになったようです。
今後も開催の際にはお知らせをしていきますので、ぜひご参加ください。

参加者の声

ドキュメンテーションは自園でははじめての試みでした。
この研修を通して、どういったポイントを押さえて作るとわかりやすいか学んだり、子どもの学びについて語り合ったりしたおかげでドキュメンテーションに対するハードルが次第に下がっていきました。これから自園でも導入していくドキュメンテーションに、前向きに取り組めそうです。

往還型ドキュメンテーション研修 ワークショップ

保育ドキュメンテーションを
はじめるなら

サービスに関するお問い合わせや導入のご相談・ご質問など、
お気軽にご相談ください。

050-1705-3320

受付時間:9:30-18:30 (土・日・祝日を除く)