MENU

ルクミーが目指す
「スマート保育園®」とは

テクノロジーの支援により、保育士の「心」と「時間」に
ゆとりが生まれ、
子どもと向き合うことに集中できる、
それがスマート保育園です。
子どもの発達を支えているのは現場の保育士です。
保育士の心が豊かだと、子どもの心も豊かになります。
保育士が子どもと向き合う時間が減ってしまうと本来の
保育ができず、大切な子どもたちの笑顔も少なくなって
しまいます。
保育士の「もっと向き合いたい」を叶える。
それによって、未来を担う子どもたちの豊かな発達を
確かなものに。
ルクミーは、そんな「スマート保育園」の
実現を目指しています。

※「スマート保育園®」はユニファ株式会社の登録商標です

監修者からのコメント

teacher

白梅学園大学 名誉教授

無藤 隆 先生

ICTの活用により業務が楽になるというだけではなく、「保育って楽しいな」と保育士自身が思えることが大切です。

teacher

玉川大学教授

大豆生田 啓友 先生

ICTをうまく使うことで、人と人との関わりを増やすことにも繋がります。システムだけでなく「人にしかできないこと」も大切にしていくべきでしょう。

モデル園の取り組みスタート

illust-nursery

スマート保育園の実現に向けて、モデル園の取組みを開始しました。

1/20の第1回モデル園募集にて応募頂いた園より選定

<モデル園とは>

「スマート保育園」の実現に向けて、園における課題の見える化を行い、ルクミーのサービスを活用して(主に業務効率化のアプローチから)、課題解決に取り組んでいただける園のことです。

<モデル園におけるICT活用事例をメールマガジンで発信中>

「ICTサービスを導入しても、具体的にどんなシーンに活用できるかわからない」「他の園ではどんな風に使っているのか知りたい」など「サービス導入したものの…」という迷いを抱えていらっしゃる方もいらっしゃると思います。 そこでメールマガジン「スマート保育園通信」の中で、モデル園ご協力の元、ICTサービスを上手に活用し課題解決した事例を一部ご紹介しています。

メールマガジンで配信した事例

【特集】急な連絡や重要なやりとりに便利!
キッズリーを使った上手な保護者コミュニケーション

※チコル保育園の例

image1 image2

ICT活用事例も読める!
スマート保育園通信の登録はこちら