保育をどうしよう未来会議

無料オンライン研修/累計視聴者数33,000名突破/97%の方が高評価
2022WINTER

※1 2022年10月1日時点
※2 集計期間:2021年11月21日〜25日
対象者:保育をどうしよう未来会議に参加頂いた方の中でアンケートにご回答頂いた313名

豪華講師陣が登壇!

⽩梅学園⼤学 名誉教授
無藤 隆 先⽣

⽟川⼤学 教授
大豆生⽥ 啓友 先⽣

東京大学名誉教授
白梅学園大学名誉学長
汐見 稔幸 先⽣

株式会社保育のデザイン研究所
川辺 尚子 先⽣

CONCEPT社会全体で
「保育・子どもの未来を考える」

2020年11月末、
新型コロナウィルスによって
失われた学びの機会を
再び創出するために開始した
「保育をどうしよう未来会議」。

6度目となる今回のテーマは
「子どもを真ん中に語り合おう」。
全国各地で動き出している
保育の質向上に向けた取り組みの中で、
日々の園内での振り返りや
語り合いの重要性が増しています。
「子どもにとってどうなのか?」
という視点に立った語り合いは
まさに保育の楽しさが詰まった
ヒトコマではないでしょうか。

そんな保育のあり方に改めて立ち返り、
社会全体で子どもを真ん中にした保育・子育てについて
考え・語り合う機会を作り上げたいと思います。

EVENT OUTLINE開催概要

費用 無料
対象
  • ・全国の保育施設(幼稚園・こども園・保育園・学童等)に​関わる保育者
  • ・保育施設を運営されている法人様
※園内の方と一緒にご覧頂く事で、より施設内でのコミュニケーションのきっかけを作る事ができるのでお勧めです。
視聴
方法
オンライン
録画視聴登録お申し込みフォーム」よりご登録ください。
ご登録いただいたメールアドレス宛に視聴パスワードをお送りさせていただきます。
録画
配信
期間
  • 【第1弾】2022年12月上旬公開
  • 【第2弾】2022年12月中旬公開
  • 【第3弾】2023年1月中旬公開
  • ※2023年3月末配信終了予定

SESSIONSセッション

【第1弾】2022年12月上旬公開予定

SPECIAL SESSION子どもを見つめる、子どもの声を聴く~保育者の専門性に立ち返って~

大豆生⽥ 啓友

保育者の「子どもにとってどうか?」と考えられるその視点こそが保育の専門性であり、まさに保育の質を考える上での基盤となります。今回は映画「こどもかいぎ」の内容にも触れながら、子どもを見つめ、子どもの声を聴くことの重要性に改めて焦点を当て、魅力ある保育の在り方についてお話しします。

玉川大学 教育学部 教授

大豆生⽥ 啓友

【登壇者プロフィール】

1965年栃木県生まれ。青山学院大学院を修了後、幼稚園教諭などを経て現職。専門は保育学・乳児教育学。主に幼児期の教育・保育及び子育て支援に関する質的な研究を中心におこなう。NHKEテレ「すくすく子育て」をはじめ、テレビ出演や講演活動など幅広く活躍中。

負担軽減だけじゃない、より良い保育の実現のためにICTが果たす役割

三好 冬馬

保育施設においてICTの導入がすすんでいます。ICTを単に負担軽減だけでなく、より良い保育をつなげるためにはどうすればよいのでしょうか。導入事例を元に一緒に考えてみませんか。

一般社団法人保育ICT推進協会 代表理事

三好 冬馬

【登壇者プロフィール】

12年間保育所保育士として勤務し、施設へのICT導入に携わる。保育におけるICTの必要性を感じつつも、導入の際に直面する課題や、より良い保育に結びつける難しさを実感し、同じように悩む保育士の力になりたいと2021年に一般社団法人保育ICT推進協会を設立。全国の保育所へのICT導入支援や、活用研修会を開催。

時代に寄り添う保育施設を考えて~西予総合福祉会の取り組み~

山田 里香

今回私たちは、地方で保育園運営を行う中で直面する少子化・職員確保・働き方の改善など様々課題とそれに対する取り組みについてお話をさせていただきます。皆さまの保育園運営の一助になれば幸いです。

社会福祉法人西予総合福祉会
児童事業部長
(うわまち未来こども園 園長)

山田 里香

【登壇者プロフィール】

1969年愛媛県生まれ。短大を卒業後、地元の西予市宇和町に戻り、西予総合福祉会の前身の宇和町社会福祉施設協会に入職。保育士として様々な保育園を経験。主任保育士、副園長を経験後、平成30年度より園長。令和4年度より児童事業部長として、9つの保育園のまとめ役として奮闘中です。

柿内 誠司

社会福祉法人西予総合福祉会
事務局長

柿内 誠司

【登壇者プロフィール】

1974年愛媛県生まれ。1997年地元の松山大学卒業後に某繊維商社に入社。2004年に西予総合福祉会に転職。2006年より法人事務局に配属され、総務・経理・人事など事務全般に携わり2020年より法人事務局長に就任。また、2014年より西予市子ども・子育て会議の委員に就任している。

【第2弾】2022年12月中旬公開予定

SPECIAL SESSION理想の園づくりを考える~子どもを真ん中にして語り合うことの意味~

汐見 稔幸

子どもにとって、先生にとって、関係者にとって「いい園」とはどんな園なのでしょうか。その中で語り合いが持つチカラについて、立場・役職を問わず理想の園づくりを目指す「リーダー」の皆さまと一緒に考えたいと思います。

東京大学 名誉教授
白梅学園大学 名誉学長

汐見 稔幸

【登壇者プロフィール】

1947年大阪府生まれ。2017年告示保育所保育指針改定の検討をおこなった厚生労働省社会保障審議会児童部会保育専門委員会の委員長を務める。専門は教育学、教育人間学、育児学。育児学や保育学を含めて総合的な人間学と考えていて、ここに少しでも学問の光を注ぎたいと願っている。保育者と保護者の交流誌「エデュカーレ」編集長。

子どものことを語り合おう!~写真を活用してみると、いろんなことが見えてくる~

川辺 尚子

写真は、保育の中での子どもの姿、そのたった一瞬を切り取ったものですが、読み取ることで想像以上に保育の力を向上させてくれます。ワークを通して子どもの姿を読み取り、語り合う楽しさとその意義を体験しましょう。

株式会社保育のデザイン研究所

川辺 尚子

【登壇者プロフィール】

東洋英和女学院大学短期大学部、早稲田大学卒業。お茶の水女子大学修士課程修了。私立幼稚園、お茶の水女子大学附属幼稚園教諭、東洋英和女学院大学非常勤講師等を歴任。現在、保育のデザイン研究所研究員として保育内容全般、特に計画に活かす写真記録や環境改善等、日々の実践の改善・向上に繋がる研修を行う。

【第3弾】2023年1月中旬公開予定

SPECIAL SESSION保育記録の重要性、その活用で生まれる語り合い

無藤 隆

子どもの成長を豊かにしていくためには、子どもの活動・遊びの様子を捉え、そこから保育を見直していく必要があります。そのための記録とはどう取ればよいのか。その記録をどう保育の指導計画へと活かしていけるでしょうか。
今回は改めて保育記録の重要性に触れ、記録の際のポイントや記録を実際の保育に活かすための視点についてお話しします。

白梅学園大学 名誉教授

無藤 隆

【登壇者プロフィール】

1946年生まれ。専門は保育学。2017年告示に際しては、文部科学省中央教育審議会委員・初等中等教育分科会教育課程部会会長として「学習指導要領」「幼稚園教育要領」の改定に携わる。また、保育・幼児教育に関する政府審議会・調査研究などの座長などを多く務める。

お探しの条件で見つかりませんでした

過去に開催した
「未来会議」参加者のご感想はこちら!

園長先生から役職についていない先生まで、保育に携わる全ての人にぜひ見てほしいと思いました。21世紀の保育とは何かを話し合えるチャンスだと思います。

先生のご発表と同時にチャットでも他の参加者の考えを知ることができ、正解は一つではないのだなと思いました。明日の保育に活かしたいと思います。

現場目線からのお話が多く、保育の基本的なこと、理想が抵抗なく受け止められる内容でした。

今知りたいタイムリーな話題が多く、明日の保育に繋がるヒントをたくさんいただきました。心地よい刺激を受け元気になりました。

よくあるご質問

Q
受講形式を教えてください
A
すべてZoom配信となります
Q
定員はありますか
A
定員はございません
Q
一度の申込で、複数名の参加は可能ですか?
A
はい。複数名での参加は可能です
映画「こどもかいぎ」

※画像は映画『こどもかいぎ』より

先着2,000施設 無料ご招待

映画「こどもかいぎ」オンライン上映会

映画「こどもかいぎ」を見て、
「子どもの声を聴く」難しさや楽しさを
保育者同士で語り合いませんか?!

保育者限定

先生の心と時間にゆとりを。 子どもと先生がワクワクできる保育を。

子どもと先生がもっとワクワクできる保育を。

私たちはルクミーは、
子ども、先生、そして保護者など
子どもとそのまわりの大人たちにとっての
豊かな環境づくりを支えたい
そんな想いから生まれたサービスです。

子どもたちと保育者の皆さんが
もっとワクワクできる環境を整え、
保育の質の向上を支えていきます。

私たちルクミーのサービスについて
ぜひ、無料の総合パンフレットをご覧ください。

ルクミー総合パンフレットダウンロードする
ページTOPに戻る