保育ドキュメンテーション事例

ドキュメンテーションは保育者や子どもの成長を感じるのが醍醐味(東二番丁幼稚園)

2021年12月10日

ルクミードキュメンテーション」は、先生が撮った写真にコメントをつけて記録することができる、新登場のツールです。

保育の一場面での小さな気づきや発見を「ヒトコマ」で残し、「ヒトコマ」をつなぎ合わせた学びのプロセスを「ストーリー」として束ね、ドキュメンテーションを作ることが可能に。
個々の保育の振り返りばかりでなく、同僚との共有も気軽にすることができるようになりました。

今回はその「ルクミードキュメンテーション」を東二番丁幼稚園で使っていただきました。

東二番町幼稚園菊地副園長先生

お話をうかがった先生
学校法人曽根学園 東二番丁幼稚園 菊地副園長先生

宮城県仙台市の私立幼稚園 菊地副園長先生にお話を伺いました!

普段の保育で、ドキュメンテーションはどのように活用されていますか?

普段は下の写真のように、手書きで写真と子どもの様子をのせたドキュメンテーションをつくり、お迎えにきた保護者や子ども自身にもみえるよう、必ず通る下駄箱前玄関に貼っています。

それを見て、「今日こんなことやったんだよ!」という親子の対話が生まれています。

東二番町幼稚園ドキュメンテーション例1
東二番町幼稚園ドキュメンテーション例2

ドキュメンテーションを実践されて、保育者に変化はありますか?

当園では、写真と保育者のコメントを残したシートを利用し、先輩保育者と若手が保育の振り返りをする「保育カンファレンス」を実施しています。それまでも振り返りは行っていましたが、写真を使った振り返りをすることで、保育者同士の情報の共有がしやすくなりました。

作成して保育を振り返る過程で、写真から自分の担当するクラスの子どもの成長を見たり、感じ取ることができる。まさにこれが保育の手ごたえを感じていることで、保育者としての醍醐味になっていることが、保育者を見ていても感じます。

ドキュメンテーションで可視化されることで、親子だけでなく、他のクラスの保育者にも、とても刺激になっています。

ルクミードキュメンテーションを今回つかってみて、今後はこの保育カンファレンスに使えるなと可能性を感じました。

東二番町幼稚園_ルクミードキュメンテーション利用の声
東二番町幼稚園 ルクミードキュメンテーション利用の声

ルクミードキュメンテーションについて詳しく知りたい方へ

>>資料請求はこちら

>>【まんがでわかる】ルクミーで写真を使った振り返りをはじめよう!


※本インタビューは『スマート保育園・幼稚園・こども園通信』2021年度11月号からの抜粋です。『スマート保育園・幼稚園・こども園通信』はルクミーをご利用中の園・施設様向けに毎月発刊している刊行物です。バックナンバーは、ルクミーをご契約頂いた園・施設さま・ルクミー みらい保育スクールへご参加頂けた方のみが閲覧出来る「ルクミールーム」内にてご覧いただけます。
※Web版とPDF版で編集の都合上、一部内容が異なる場合があります。
※記載内容はインタビュー当時の内容です。

SUPPORT

導入時も導入後も
ずっと安心のサポート体制

充実のサポートで、ずっと安心!

運用に慣れていただくまで、ルクミーがしっかりサポートしますので、導入後も安心です。
  • 空いている時間、確認したいタイミングで見られるマニュアル

    空いている時間、確認したいタイミングで見られるマニュアル

    「操作方法がわからない」「こんなときどうすればいいの?」
    わかりやすい丁寧なマニュアルがあるので、困った時すぐに確認できます。

  • 気軽に質問できるカスタマーサポート

    気軽に質問できるカスタマーサポート

    マニュアルを見ても解決しない場合、専用の窓口にお電話お問い合わせいただければ、専任のスタッフがご案内します。

  • オンライン説明会

    オンライン説明会

    機能ごとにオンラインの説明会を実施しています。使い方がわからない、職員への説明時間が確保できない、という場合にぜひご活用ください。

子どもともっと向き合える豊かな環境づくり。
その一歩をルクミーで始めませんか?

お電話でのお問い合わせ:03-6803-2258
受付時間:9:30-18:30 (土・日・祝日を除く)

すでにご利用中のサービスについてのご質問は、下記よりお問い合わせください。

■ルクミーシリーズを導入済みの方
ルクミーの管理画面にログインいただき「各種申請・お問い合わせ>その他のお問い合わせ」からお問い合わせください。
■キッズリーを導入済みの方
こちらのフォームよりお問い合わせください。
ページTOPに戻る